2017年 視覚リハビリテーション研究 第7巻 第1号

書誌情報 「視覚リハビリテーション研究」
(オンライン版:ISSN 2188-3327 印刷版:ISSN 2188-3319)

各論文のタイトルの後にある(PDF)リンクからたどれば、論文自体をご覧いただけます。

  1. 門脇 弘樹・菊池 志乃・牟田口辰己: 歩行軌跡における偏軌の特徴と予測-近似曲線を用いた分析. 視覚リハビリテーション研究 第7巻 第1号, pp.3-12, 原著論文, 2017年12月15日. (PDF)
  2. 豊田 航・高桑 智史・比企 直樹・鈴木 邦和・赤津 裕子・細野 直恒・大倉 元宏: ATMによるテンキー振込操作の設計研究. 視覚リハビリテーション研究 第7巻 第1号, pp.13-23, 原著論文, 2017年12月15日. (PDF)
  3. 田邉正明・徳永達哉・高木俊治・山口成志: 高屈折率スタンプルーペ「みてみ」の開発. 視覚リハビリテーション研究 第7巻 第1号, pp.24-26, 発表論文, 2017年12月15日. (PDF)

2017年 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第2号

書誌情報 「視覚リハビリテーション研究」
(オンライン版:ISSN 2188-3327 印刷版:ISSN 2188-3319)

各論文のタイトルの後にある(PDF)リンクからたどれば、論文自体をご覧いただけます。

  1. 田中 雅之・田中 桂子・原田 敦史・吉野由美子: 視覚障害者の真のニーズを引き出すための面接とアセスメント手法. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第2号, pp.27-33, 総説, 2017年4月26日. (PDF)
  2. 乙訓 輝実・小田 浩一: 顔の表情変化と観察者の視力が情動の知覚に与える影響. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第2号, pp.34-47, 原著論文, 2017年4月26日.(PDF)
  3. 矢部 健三・串田 直樹: 視覚障害者スキーの現状と課題−ブラインドスキーサミット2015の開催を通して. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第2号, pp.48-52, 発表論文, 2017年4月26日.(PDF) 

2017年 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第1号

書誌情報 「視覚リハビリテーション研究」
(オンライン版:ISSN 2188-3327 印刷版:ISSN 2188-3319)

各論文のタイトルの後にある(PDF)リンクからたどれば、論文自体をご覧いただけます。

  1. 佐渡 一成・加藤 俊和・棚橋 公郎・中村 透・原田 敦史・仲泊 聡・村上 美紀・田中 桂子・小田 浩一・田中 雅之・吉野由美子: 熊本地震の視覚障害者支援について. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第1号, pp.1-5, 報告, 2017年1月31日. (PDF)
  2. 吉野由美子・田中 桂子・原田 敦史・田中 雅之: 視覚障害者の真のニーズを引き出すための面接とアセスメント手法を学ぶ研修会報告-相談支援者向けの研修会の開催目的とその成果-. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第1号, pp.6-9, 報告, 2017年1月31日. (PDF)
  3. 西脇 友紀・仲泊 聡・清水 朋美・林 知茂: ロービジョン支援ホームページ更新調査報告. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第1号, pp.10-13, 発表論文, 2017年1月31日. (PDF)
  4. 田邉 正明: 白杖の長さ・振り幅・歩幅による死角部分の面積の変化. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第1号, pp.14-17, 発表論文, 2017年1月31日. (PDF)
  5. 高橋伊久夫: スマートフォンにおける日本語入力アプリの機能評価-重度ロービジョン者の利用を想定-. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第1号, pp.18-22, 発表論文, 2017年1月31日. (PDF)
  6. 奈良 里紗・村上 卓也・渡邊 和宏・山本 紗未・佐藤由希恵: 視覚障がい当事者団体の情報発信の特徴-5年間のブログ記事に対する一考察-. 視覚リハビリテーション研究 第6巻 第1号, pp.23-25, 発表論文, 2017年1月31日. (PDF)

論文誌(2016年まで)

2016年までの「視覚リハビリテーション研究」の論文はこちらにまとめています。
最新の論文は、メニュー「 論文誌」をご覧ください。

書誌情報 「視覚リハビリテーション研究」
(オンライン版:ISSN 2188-3327 印刷版:ISSN 2188-3319)

続きを読む 論文誌(2016年まで)