第29回 視覚障害リハビリテーション研究発表大会 抄録集公開のご案内

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会(岡山大会)抄録集が一般公開されました。ぜひご覧ください。

岡山大会の抄録集は、皆様が読みたい箇所に少しは早く辿り着けるようにするため、プログラム・企画紹介などを掲載した抄録集と一般演題のみを収めた抄録集の2つに分けて作成されています。各々PDF版、ワード版、テキスト版、デイジー版の4種を用意いたします。

現在はPDF版・ワード版・テキスト版が公開されています。デイジー版は、 準備が整い次第公開予定です。公開されましたら当サイトでお知らせします

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会抄録集はこちら

講演会「視覚障がい者の単独移動を支援する設備等の現状と今後の課題」

主催元・情報提供元: 視覚障害リハビリテーション協会 オリエンテーションとモビリティ分科会

オリエンテーションとモビリティ分科会では、第29回視覚リハ研究発表大会(岡山大会)において講演会を行いますのでご案内いたします。講演題目は「視覚障がい者の単独移動を支援する設備等の現状と今後の課題」で、講師は岡山県立大学名誉教授の田内雅規氏です。
歩道や駅のホームに敷設されている黄色い点字ブロック(視覚障害者誘導用ブロック)や歩行者用交通信号の青灯に連動して吹鳴する音響信号機をよく見かけると思います。これらはともに視覚障がい者の単独移動を支援する設備ですが、1950年代から60年代にかけて日本で発明されたことをご存じでしょうか。

さらに、2000年代に入り、これらに大きな変革がありました。点字ブロックについては規格の制定、音響信号機については「鳴き交わし式」の開発です。

講師の田内氏は、これらの両方のプロジェクトにおいて中心的な役割を果たしてこられました。プロジェクトの経緯や苦労話等、興味深いお話が伺えると思いますので、多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

続きを読む 講演会「視覚障がい者の単独移動を支援する設備等の現状と今後の課題」

自分ごとプロジェクト『ご存じですか?2025問題 超高齢社会と視覚リハ』

主催元・情報提供元: 視覚障害リハビリテーション協会 大会連携委員会

視覚リハ岡山大会では、協会主催企画として8月28日16時から「ご存じですか?2025問題 超高齢社会と視覚リハ」をライブで行います。これからの高齢化社会における視覚リハが抱える課題を、参加者の皆さんと一緒に考えてみませんか?
この企画にご参加いただくには、本大会とは別に、お申し込みが必要です。
こちらからお申し込みください。

なお参加者が定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お申し込みはお早めに!

続きを読む 自分ごとプロジェクト『ご存じですか?2025問題 超高齢社会と視覚リハ』

視覚リハ岡山大会Web開催へ変更のお知らせ

主催元・情報提供元: 第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山

内容の概要

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山をWeb開催に変更しました。

会期は8月12日(木)~9月12日(日)のオンデマンド視聴。

演題募集期間:2月1日~3月20日。

参加登録期間:6月1日~8月31日。

続きを読む 視覚リハ岡山大会Web開催へ変更のお知らせ

視覚リハ岡山大会演題募集期間案内

主催: 第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山

内容の概要

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山の一般演題募集

演題登録受付期間:令和3年2月1日~3月20日
(大会がWeb開催になった場合、口頭発表とポスター発表の区別なし)

続きを読む 視覚リハ岡山大会演題募集期間案内

視覚リハ岡山大会開催1年延期のお知らせ

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山を丸1年延期し、
2021年(令和3年)9月10日(金)~12日(日)に開催します。
会場(岡山大学創立五十周年記念館)ほかに変更はありません。

詳細は大会ホームページをご覧ください。
http://www.ossk-33.jp/jarvi/index.html

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 in 岡山
第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 in 岡山 関連企画

視覚リハ岡山大会演題募集期間延長のお知らせ

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山

内容の概要
第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山
一般演題募集期間を4月15日(水)まで延長しますのでお知らせいたします。

続きを読む 視覚リハ岡山大会演題募集期間延長のお知らせ