10月はデジタル月間!視覚リハ協会もデジタルの日賛同団体

主催元・情報提供元: 視覚障害リハビリテーション協会

視覚障害リハビリテーション協会は、「デジタルの日」の賛同団体として、デジタルを振り返り、体験し、見直します。
視覚障害者のQOL向上には、「デジタルのチカラ」が大きな鍵となります。
10月のデジタル月間を通して、視覚障害リハビリテーション分野のデジタル活用について考え、人に優しいデジタル化を推進します。
情報アクセス分科会では、「デジタルの日」の企画として、分科会の会員MLにおいてデジタルを振り返り、未来につなぐ取り組みを行います。

デジタルの日・デジタル月間については、デジタルの日のサイトをご覧ください。

ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STAR)のご紹介

主催元・情報提供元: 公益財団法人日本パラスポーツ協会
J-STARプロジェクト事務局

視覚障害の方でスポーツが得意な方、是非ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STAR)にご参加しませんか?

昨年度から障がい者スポーツ医の資格を有する眼科医が全国の会場に参加し、専門的なアドバイスもさせていただいています。

身近に該当する方がおられましたら、是非ご案内ください。

公益財団法人日本パラスポーツ協会 J-STARプロジェクト事務局
TEL: 03-5939-7021 E-mail: para-jstar@parasports.or.jp

詳しくは、 ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STAR)の紹介ページをご覧ください。

スクリーンリーダー・拡大機能利用のPC環境実態調査結果公開のお知らせ

主催元・情報提供元: 認定NPO法人タートル
ICTサポートプロジェクト

スクリーンリーダーや拡大機能を使用する場合、快適に利用するには、通常より高いスペックのPCが必要だと言われています。認定NPO法人タートルICTサポートプロジェクトでは、実際にどのくらいのスペックのPCが使用されているのか、またその快適度についてアンケート調査を実施し調査結果を公開しました。

詳しくは、以下記事をご覧ください。

BUSINESS INSIDER「霞が関異変」で会長の和田が紹介されました

BUSINESS INSIDER様の連載シリーズ「霞が関異変」において、デジタル庁で働く視覚障害当事者のひとりとして、当協会会長の和田が紹介されております。デジタルの恩恵や自身の経験をもとに、ウェブアクセシビリティの推進に取り組む様子が紹介されておりますので、是非ご一読ください。

全盲のデジタル庁職員たちが戦う理由。「字が読めなくなってしまったころ、人材募集を知りました」(Yahooニュース)

※掲載期間に限りがあることが想定されます。ご了承ください。

isee! “Working Awards” 2022の募集案内

主催元・情報提供元: 公益社団法人NEXT VISION

今年で6回目となる「isee! “Working Awards”」は、「就労」に焦点をあて、視覚障害者(見えない、見えにくい人)がどのように働いているのかの事例、また、どうすれば働けるのか、あるいはどんな働き方ができるのかのアイデアを募集しています。

募集部門:事例部門、アイデア部門
募集期間:2021年9月1日(水)~10月31日(日)
表彰式 :2022年2月20日(日)

詳しくは応募要項をご覧ください。

視覚リハ岡山大会「閉会」(公開動画9月末まで)

主催元・情報提供元: 第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山

第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山を閉会しました。
多数のご参加をいただき、ありがとうございました。
なお、一般公開動画(竹内氏の特別講演を含む)と機器紹介動画等は引き続き9月末日まで視聴できますので、是非、岡山大会のホームページへアクセスしてください。

詳しくは、視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山ホームページをご覧ください。

視覚障がいに関する動画募集御協力のお願い

画像:羽二重ねっとのロゴマークです

主催元・情報提供元:
福井県視覚障がい者支援ネットワーク羽二重ねっと

羽二重ねっとでは、9月23日福井駅前でイベントを予定しています。そこで、そこに設置されている大型ビジョンで放映する視覚障がいに関する動画を全国から募集しています。

既にYoutubeや個々のwebサイトで掲載されている動画でも結構です。

詳細は、https://www.habutae-net.jp/news/office/entry-227.htmlをご覧ください。

書籍『見えない地球の暮らし方~見えない・見えにくい人のリアルな日常レポート集~』発行のお知らせ

主催元・情報提供元: 公益社団法人 京都府視覚障害者協会

内容の概要

京都府視覚障害者協会発行のメルマガ色鉛筆は、月2~3回無料で全国にメール配信しています。見えない見えにくい当事者が、日常の中のあれこれをあるがままにレポートしています。

このたび、福祉やITの外側におられる方にも当事者発信ならではの情報を届けたいという思いから、色鉛筆の書籍『見えない地球の暮らし方」を発行しました。

続きを読む 書籍『見えない地球の暮らし方~見えない・見えにくい人のリアルな日常レポート集~』発行のお知らせ

第2回視覚リハしゃべり場 “シリーズCOVID-19と視覚リハ”「コロナ禍転じて福とする!」 のご案内

主催元・情報提供元: 視覚障害リハビリテーション協会
 会員活動支援委員会

画像
第2回視覚リハしゃべり場 “シリーズCOVID-19と視覚リハ”「コロナ禍転じて福とする!」
~あなたの発見おしえてください~
2021年1月22日(金) 20時~22時

内容の概要

■テーマ:「コロナ禍転じて福とする!-あなたの発見おしえてください-」
■日時:2021年1月22日(金)20:00~22:00(19:30~入室可能)
■内容:コロナ禍で生まれた新しい取り組みを全国の皆さんで共有しましょう

続きを読む 第2回視覚リハしゃべり場 “シリーズCOVID-19と視覚リハ”「コロナ禍転じて福とする!」 のご案内