視覚障害リハビリテーション協会について

視覚障害リハビリテーション協会は、視覚障害者(児)に対する、福祉・教育・職業・医療等の分野におけるリハビリテーションに関心をもつ者の相互の学際的交流を図り・理解を深めるとともに、指導技術の向上を図る活動を通して、視覚障害者(児)のリハビリテーションの発展・普及に寄与することを目的として、1992年に設立されました。

本協会では、年に1回、全国大会を開催するなど、会員相互の研究成果の交流を図ると共に、広く視覚障害リハビリテーションに関しての啓発活動をおこなっています。また、視覚障害リハビリテーションに関する専門的な情報を会員間で交換し、社会に公開していくための機関誌として「視覚リハビリテーション研究(Japanese Journal of Vision Rehabilitation)」を年2回発行しています。
本協会の目的に賛同する人であれば誰でも会員になれます。
社会福祉施設の職員、盲学校・弱視学級の教諭、大学及び研究機関の研究者、眼科医、視能訓練士、ボランティア活動家、視覚障害者やその家族等が会員となっています。
視覚障害リハビリテーション協会の会員は、現在約500名です。

ご挨拶、活動の内容

当サイトへのリンクについて

視覚障害リハビリテーション協会は、当サイトへのリンクを歓迎します。
リンクをしていただく場合は、特定の記事へのリンクではない場合は、トップページの https://www.jarvi.org/ にリンクしてくださるようお願いします。
リンクをしていただいた場合、当ホームページへのお問い合わせ先までご連絡をいただけるとうれしく存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*