目と耳が不自由な方のために

目が不自由な上に耳も不自由な方を、盲ろう者と呼んでいます。目と耳の両方が不自由なので生活やコミュニケーションには、視覚障害者の場合に加えて、さまざまな工夫が必要です。

目と耳が不自由な(盲ろう者)場合のコミュニケーション手段とは?

盲ろう者のコミュニケーション手段としては、手話を手で触れる(触手話)など手話を利用する方法、点字タイプライターや指点字のように点字を利用する方法、手のひらに文字を書く手書き文字による方法、指文字を使う方法などがあります。具体的には、下記の、全国盲ろう者協会のWebページを参照してください。

全国盲ろう者協会

「視覚障害者とご家族の方へ」のページ一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*